職業の違いは年収の差

user-pic
0
薬剤師の職場といえば、病院、薬局、製薬会社等があげられますが、薬剤師の仕事によりますが、実際は、治験や研究機関による職場も薬剤師の仕事場となります。 職業の違い、というより、薬剤師が働く場所、どんな仕事内容になるか?という事により、薬剤師の年収、収入の差は当然ありえます。

例えば、病院薬剤師の場合の月収相場は、20万円~25万円前後となりますが、調剤薬剤師では、22万円~30万円前後が月収の平均となります。 更にドラッグストアに勤務する薬剤師は、22万円~ですが、多い場合で50万円近くになるという方もおりますから、『職場の違い=年収の差』という事は確かにありえることだと思います。

これは、医師や看護師も同様だと思いますが、各病院により、収入が異なるように、薬剤師もまた、職場による違いが、年収、収入の差になる事は、いうまでもありません。

薬剤師が働く場所と言えば、何も病院や調剤だけでなく、最近はドラッグストア等も多くなりましたし、製薬会社もまた薬剤師の働く場所です。 他にも血液センターや大学の研究機関も薬剤師の活躍の場となりますし、調査を行う行政機関も薬剤師の活躍する場、といえます。

他には、保健衛生施設等という場も薬剤師が活躍できる場という事がいえるでしょう。

このように、薬剤師という職業は同じでも、その各機関における薬剤師職の内容は、やはり違いますし、そこで必要とされる内容は多少なりとも異なりますから、その辺でいうなれば、収入の差が生まれるという事になります。

こうしたか数々の就業場所により収入差はあり得るもので、この中でも収入が高め傾向と言われているのが、製薬会社と言えますが、ドラッグストア等でも管理薬剤師となる事により、収入は大きく高まる事もありますから、一概に製薬会社に勤める事が、即高収入につながるという話ではありません。 やはり薬剤師さんそれぞれの能力、実績等も評価されて初めて、高収入につながりますから、必ずしも、高収入と言われる就業場所へ就職すると、高収入につな がるという事でない事は、認識しておくべきでしょう。

薬剤師の年収が高い、と言われることに関して、薬剤師の中でも高め傾向の年収を得ている方は、おおよそ1000万円の年収を手にされており、最低額としては400万円前後となります。 この差は、就業場所によるものと、いう見方も当然ありますが、実は、薬剤師自体の質、能力等もそれを大きく左右することになる、という事は、しっかりと認識すべき点でもあります。

このブログ記事について

このページは、きょうこが2013年6月19日 16:49に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「医師とチーム医療」です。

次のブログ記事は「自分も見習ってみよう!」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

リンク