看護師と言えばナイチンゲール

user-pic
0
看護師と聞いて何をイメージしますか?
病院という人もいるかもしれませんが、私はフローレンス・ナイチンゲールを思い出します。
フローレンス・ナイチンゲールは看護師になるための勉強をしていなくても、学校で習う歴史書に登場する偉人ですね。この人の時代は看護師募集系のサイトとかはなかったんでしょうねw
子どものころに図書館でナイチンゲールを紹介する本を読んだことがあるのですが、ナイチンゲールの活躍は現在の医療を支える大事な礎だったのですね。
ナイチンゲールが生まれた時代は、まだ看護師という職業がなく、あくまでも医師のもとで病人やけが人の世話に明け暮れる召使が現在の看護師の位置にある職業でした。
ナイチンゲールは、そんな医療の現場を変えるために、より多くの人を救うことができるように、看護師という職業がどれだけ必要か訴え、クリミア戦争勃発時に発生した負傷兵の扱いを問題視し、世論を動かすことで看護師として従軍するという行動にでたのです。
その後も看護師という地位が明確になるまで活動を続けたナイチンゲールは、現在世界中にいる看護師の地位を確立した人ということになるのですが、実はナイチンゲールが看護師と活動した期間がすごく短く、残りの時間は病と闘いながら執筆活動に勤しんだそうです。

このブログ記事について

このページは、きょうこが2014年8月18日 14:36に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「山梨のワイン・・・」です。

次のブログ記事は「リッチ旅行したい!?」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

リンク